カラーについて

アッシュ系やグレージュにならない時の4つの方法

  • LINEで送る
グレージュカラー

ヘアカラーでアッシュ系やグレージュって人気のカラー

 

昨年くらいからずっとそうですが【アッシュ】や【グレージュ】はやはり人気ですね。

実際にお客様からのオーダーも今現在でも多い人気のカラーの一つです。

グレージュカラー

グレージュのモデル

このスタイルはずいぶん前に撮影したものですが毛先にグラデーションでグレージュが入っています。

実際、アッシュやグレージュになりたいけどなれない

っていう声をたまに聞きます。髪質にもよるとは思いますし美容師さんのスキルによるところも大いにあると思います。

なかなかアッシュやグレージュになりにくい髪質の人でも、アッシュ系になりやすくする方法は??

1,ブリーチで全体を明るくする

これは一般的なやり方の一つです。

グレーにする場合、もともと日本人の持っているメラニン色素を反対の補色(反対の色で打ち消す)で消す必要があります。

暗い髪には赤褐色などの色素がありますのでなかなか思ったようなアッシュやグレーになりにくいのです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2,メッシュで部分的にブリーチすることでスケ感をつくる

全体にブリーチするのは抵抗が・・・という方にオススメの手法です。

細いメッシュを入れる事で色素の薄い部分を作り出しグレージュを入れると透け感のあるナチュラル(そもそもナチュラルではないが)なグレージュになりやすくなります。

3,ブリーチを使用しないで少し明るくする

ブリーチを使用しなくてもある程度暗めのグレー系なら可能です。

カラー見本

上記写真のオレンジくらいの明るさであれば暗めのグレージュ系にすることができます。

この手法ならばその後の退色もかなりマシだと思います。

4,ブルーで打ち消しグレーを重ねる

これは以外とやらない美容師さんも多いのですが、まずはブルーでオレンジを消す様にカラーリングします。一度シャンプーしてグレーを重ねてカラーリングする事で深みのあるグレージュ(少し暗め)に仕上がります。

結論

ここまでの例でも分かる様にヘアカラーでもっとも大事なのは【髪のベース】である事

とベースをコントロールできる美容師さんのスキルという事になります。

ぜひ諦めずに色々なヘアカラーに挑戦して下さい。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

LINE@から予約や事前カウンセリング 出来ます

友だち追加