なんでもないことについて

美容師の今後

  • LINEで送る
スポンサーリンク

美容師としての価値

日本全国に多数ある美容室ですが、日本には現在何名の美容師がいると思いますか?

なんと49万人と言われています。

 

そして美容室は24万件だそうです。

多いのか少ないのか...それは置いておいてもかなりの人数だと思います。

 

美容業界は今、空前の人手不足に陥っています。上の数字を見て頂くとわかると思いますが、24万軒で49万人を取り合っているわけです。まして最近は「おひとり様独立」なども増えていますので余計ですね。

 

単純に割ると1店舗当たり2名ほど。ということになるでしょうか。

 

もちろん大型店舗などは10人20人態勢でやっていますので1店舗に2名はいきわたることはありません。

美容業界内部から見ると、現在の美容師という人はとても価値があることがわかると思います。

 

昔は、求人をすればわんさか美容師が応募してきていました。新卒生も倍率100倍とか200倍とか普通にありました。

そのため、無駄に厳しくしてドンドン人が辞めていく。でもすぐに新しい人が入社するといった現象が当たり前のようになっていました。

 

その頃と比べると、現在の美容室から見た美容師の価値はとても高くなったと言えます。

 

では本題です。

 

お客様の立場から見た美容師の価値はどうでしょうか?

 

高くなっているでしょうか? 日本の人口の中で美容室を利用する人を49万人で割ったときに一人の美容師に何名のお客様が残るでしょうか?

 

全国に美容師はお客様からすると余るほどいます。美容室も余るほどあります。その中で1人の美容師に対しての価値が美容室側からとお客様側からとで相反しているわけです。

 

需要と供給の均衡点=価値

価値は需要(ほしい)と供給(売りたい)のバランスで決まります。

美容師で言うと髪を切りたい人が多ければ多いほど価値は高くなり少なければ価値は低くなります。

 

現在は髪を切る美容師さんがたくさんいるので供給が増えすぎ、消費者サイドから見ると美容師安になっていることがわかります。

 

仮想通貨などと同じで売りたいが多くなり、買いたい人が減ると価格はどんどん下がっていきます。

初めはお買い得感がありますが、やがて「髪を切るのはこのくらいの価格」と認識されていき価格が定着してきます。

 

ここが今の美容業界の流れです。

 

そのような状況の中でも「手に職の神話」を信じている人が多いことに驚きます。

経済バブルと同じで、もうカリスマ美容師ブームは終わっているし、もう来ることはありません。

 

ここにはもうないのです。

 

でも「またいつか」「またブームが」「景気の回復はまだか」とないものを待ち続けている。

 

それでは価値は高くなりません。

 

もう髪を切れるだけの美容師の価値が高い時代は終わったと感じています。

 

髪は上手に切れて当たり前。そしてその美容師に何があるのか?

 

美容師という肩書だけではいつ必要なくなるかなんて誰にもわかりません。

 

美容業界だけでなく、世の中は猛烈なスピードで流れています。未来永劫まで必ず残っている職業なんてあるはずがありません。

 

美容師としてのスキルを磨き高めた後は、また別のスキルを高めていく必要がある。これからはそんな時代が必ず来る。

投資やスキルを高め、自分の価値を自分で決めることが出来るようになれば安易に自分を安売りしなくてすむようになります。

 

FXなどで置き換えると、資金に余裕がなければ含み損を持った時に損切りせざるを得なくなりますが、十分な資金管理さえできていれば新たなエントリーを持つことで相殺しながらチャンスを待つことだってできるわけです。

沢山のスキルを持ち複数の収入減を持つことで自分に自信や余裕が生まれ、安売りする必要すらなくなり本当に大事なお客様だけを大事にできるようになる。すなわち美容師としてのスキルが本当の意味で生きてくるような気がします。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
  • LINEで送る

LINE@から予約や事前カウンセリング 出来ます

友だち追加