なんでもないことについて

どんなことにも口コミが一般的になってきた

  • LINEで送る
美容室 口コミ

最近、どんなことでも口コミがある

 

スポンサーリンク

昔は口コミなんて人と人の間でしかなかったけど、今はインターネットで検索すればすぐに口コミを知る事が出来る時代になってきたなあと感じます。

先日、めったに見ないテレビを流し見してたときの事。

CM「気になる企業の口コミや働く人の声を聞ける〜〜〜」的なCMが流れてました。

まさかこんな所にまで口コミがあるとは・・・

ビルの中のオフィスにいる社員さんを縄でグルグル〜っとなって話聞くみたいな感じのCM

今って働く前から社員さんはどんな人なのか?とか環境は?とか待遇は?とかそこまで気になる物なのかね?

てゆうよりお客様かよ!って感じ。

まあ僕は今は一応雇わせてもらう側なので、働いてくれてる従業員の働く環境の事は考えてしまうのはたしかだけど。

昔読んだディズニーの本で「社員をお客様と同じ様に考える」と言うような一文があってそこは共感する部分もあるけど

あくまでそれは会社側からの話なだけであって、働く側がお客様気分なのは違うだろ!と思ってしまいました。

現状の会社はあくまでも「自分の居ない」会社なわけで、もしも環境が悪ければ自分が入社してもっと良くなる様に変えていけばいい。

会社ってのは会社さんって人が居るわけでも社長が会社な訳でもなく社員が集まった集合体が会社だと。

こういうと「そこまで会社に貢献しようと思ってない」とか

「ただ働ければ良い、変えようなんて思わない」って意見も出てくると思います。

じゃあ余計に黙って働けば・・・

言われた事だけ言われたようにやってりゃどこの会社もたいして変わらんよ。

「会社や同僚達には貢献したくないけど、自分の待遇は良くして欲しい。」

スポンサーリンク

会社の良し悪しはすっげえ考えるけど自分の良し悪しはほとんどスルーって。感じなのでは・・・

 

会社側も会社側で、優秀な人材や会社に会う人を探したり選んだり。

もちろんそれはとても大事な事だけど、やはり育てると言う事が大事だと最近は感じます。

僕も少し前にヘッドハンティングしようかな?とか考えた時もあったけど今は考えていない。なんでもそうだけど自分が手塩にかけて育てた人や物のほうが

思い入れもあるし本気度が違います。

僕がとても参考にさせて頂いてる方で永松茂久さん(しげ兄)という方がいます。しげ兄は大分や福岡でたこ焼きダイニングなどを展開されていて

県外からも沢山の人が訪れる魅力のあるお店をされたり、全国で講演や出版などをされているのですが、しげ兄の「ひなた家」では優秀な人材を雇用するのではなく

入社した人材を一流に育てることに重きを置いているそうです。

ご興味あればぜひ↓

http://nagamatsushigehisa.com/

とはいえ口コミはとても大事

話がそれてしまいましたが、それでも僕たちは沢山の口コミを見る機会をインターネットのおかげで得ています。

ウチでもホットペッパービューティーに掲載してますのでご来店頂いたお客様から口コミをいただいてます。

良い口コミを頂くと当然テンション上がりますし悪い口コミだと全力で改善してますね。

nineの口コミはここ↓

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000289511/review/

 

過去にはお客様にアンケートをお願いしたりして改善点を探ったり(9年間で5回はやった)なるべく悪い事を書いてくれやすいアンケートを考案したりしてましたが

現在ではほんとインターネット様さまです。

日々改革ですね。

 

スポンサーリンク
  • LINEで送る

LINEから予約や事前カウンセリング 出来ます

友だち追加